新型コロナウイルスワクチン接種に関して

新型コロナウイルスワクチン接種に関して

 米国ファイザー社のワクチン「コミナティ」の添付文書は「妊婦または妊娠している可能性のある女性には予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ摂取する事」とされています。今回特例承認されたワクチンの安全性と有効性は概ね確立していますが、妊産婦を対象とした治験の結果は得られておらず、厳密には安全性や有効性について十分評価はなされていません。その為、ワクチン接種に関して当院としては、「妊婦さん自身の判断に委ねる」としかお答えすることは出来ません。

国内における現時点での妊婦さんへの対応を参考までに、日本産婦人科学会と日本婦人科学会の提言を以下に掲載します。

  1.  COVID-19 ワクチンは、現時点で妊婦に対する安全性、特に中・⻑期的な副反応、胎児および出⽣児への安全性は確⽴していない。
  2. 流⾏拡⼤の現状を踏まえて、妊婦をワクチン接種対象から除外することはしない。接種する場合には、⻑期的な副反応は不明で、胎児および出⽣児への安全性は確⽴していないことを接種前に⼗分に説明する。同意を得た上で接種し、その後 30 分は院内での経過観察が必要である。器官形成期(妊娠 12 週まで)は、ワクチン接種を避ける。⺟児管理のできる産婦⼈科施設等で接種を受け、なるべく接種前と後にエコー検査などで胎児⼼拍を確認する。
  3. 感染リスクが⾼い医療従事者、重症化リスクがある可能性がある肥満や糖尿病など基礎疾患を合併している⽅は、ワクチン接種を考慮する。
  4. 妊婦のパートナーは、家庭での感染を防ぐために、ワクチン接種を考慮する。
  5. 妊娠を希望される⼥性は、可能であれば妊娠する前に接種を受けるようにする。(⽣ワクチンではないので、接種後⻑期の避妊は必要ない。) 患者さん⼀⼈⼀⼈の背景が違いますので、まずは産婦⼈科の主治医と⼗分にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報より

「新型コロナウイルス感染症」流行に伴う病院からのお願い

エコー動画配信サービス「AngelMemory」

母親学級動画

インスタグラム やはたウィメンズクリニック

ベビー写真館

PAGE TOP