• 当院を受診される方へ
  • 母乳外来・2週間外来・1ヵ月健診
  • マタニティフィットネス・各種母親学級ご案内
  • PC・携帯からのご予約

お産・入院のご案内

分娩予約

ご予約時期、方法については以下をご確認ください。

  • 分娩予約

入院方法と準備

「この痛みって陣痛かな?」「水っぽいおりものが流れてきたけど破水かしら?」
「ピンク色のおりものが出てる・・」などのお産のはじまるサインと考えられる症状、
「生理の二日目以上の出血が出た」「赤ちゃんの動きが30分以上感じられない」
「お腹がずっと張続けている」等の、通常とは違う症状を感じた時は下記の≪連絡方法≫を参考に病院まで
ご連絡下さい。※ご本人でないと分かりにくい症状もありますので必ずご本人が電話をして下さい。

連絡先 TEL 0463-98-1103
連絡方法 ご本人様から下記7つの事項をお電話にてご連絡ください。
①氏名〇〇〇〇です。
②診察券番号は、〇〇〇〇です。
③現在妊娠〇〇週〇〇日です。
④分娩予定日は、〇月〇日です。
⑤お産の回数は、〇回目です。
⑥出血がありました / 陣痛が来ました / 破水しました /
 赤ちゃんが動かない / 他症状  で電話しました。
⑦病院まで〇〇分くらいかかります。
《注意してほしい事》

※お産の場合、特別な場合を除き、救急車は使用できません。あらかじめ車の手配をしておきましょう。
(判断がつかない場合は当院にご連絡下さい。)
※アクセサリーやコンタクトレンズは必ず外しておきましょう。
※マニュキュアはせず、爪は短く切っておきましょう。また、化粧や香水は控えて下さい。

お産の準備

妊娠37週からは正期産です。場合によっては、それより少し早くお産になるかもしれません。
妊娠10ヵ月に入る頃には、いつ入院になってもいいように準備を整えておきましょう。

入院時お持ちいただく物

●母子手帳 ●テキスト ●臍帯血バンク同意書(外来で提出できなかった場合)
●USBまたはSDカード(妊婦健診時に使用していたもの)
●お好きなCD(分娩時用) ●(お子様が立会する場合は)子供用マスク
●産褥ショーツ1~2枚(生理用ショーツでも可)
●授乳用ブラジャー2~3枚(ワイヤーなしがおすすめ)●靴下やカーディガンなど
●退院時の赤ちゃんの洋服(肌着+ベビー服+おくるみ)
※以下、平成25年4月1日から準備不要です。
●パジャマ2~3枚(授乳に適したもの)●タオル2~3枚 ●バスタオル1~2枚

当院で用意してある物

【お産セット(専用バックに入れてまとめてお渡しいたします)】
●産褥ショーツ1枚 ●ナプキン(Lサイズ1袋 Mサイズ2袋 Sサイズ1袋)
●お産用ショーツ1枚 ●母乳パッド1袋 ●臍箱 ●お臍消毒セット
●赤ちゃん用ガーゼ(10枚) ●病院ロゴ入りオリジナルバスタオル1枚
●アメニティグッズ
(歯ブラシセット、コップ1個、ボディタオル1枚、ボックスティッシュ1箱)
●体温計 ●スリッパ ●500mlミネラルウォーター
※セットの内容は予告なく変更する場合があります。

【ドライヤー】…ナースステーションで貸出ししています
【シャンプー、リンス、ボディソープ】…シャワー室に常備しています
※以下、平成25年4月1日から患者サービス向上のため、病院の方で準備させて頂きます。
【ワンピースタイプパジャマ、フェイスタオル、バスタオル】…シャワー室に常備しています

出産から退院まで

「経腟分娩」と「帝王切開」の場合のスケジュールは異なりますので、あらかじめご確認いただくと安心です。

  • 経腟分娩のスケジュール
  • 帝王切開のスケジュール

ママ&ベビー1日のスケジュール

ママ&ベビー1日のスケジュール

分娩費用について

当院では、分娩予約金(10万円)お預かりしておりますので、退院会計は下記の金額から分娩予約金を 引いた金額が請求されます。
「出産育児一時金」の直接支払制度をご利用されると、さらに42万円差し引かれます

分娩費用

正常分娩(4泊5日) 約50万円(大部屋入院)
帝王切開(7泊8日) 約55万円(大部屋入院)

 ※夜間・休日・時間外に応じた割り増しがあります。
 ※入院中の購入品は退院時に精算させていただきます。
 ※上記料金には、産科医療保障制度掛金の3万円が含まれています。

個室差額料金および入院延期料金

個室(1日)        +8,000円
ファミリールーム(1日)  +15,000円
退院延期(1泊)      +12,000円(ママ) +12,000円(ベビー)

 ※保険適用入院はこの限りではありません。
 ※特別個室でご主人又はお子様がご宿泊される場合は、リネン及び施設使用料として、
  ご主人 1日…1,500円 / お子様 1日…750円

 ※付き添いの方へのお食事提供は別料金となります。  

《注意してほしい事》

分娩・入院費用は基本的に健康保険がきかず、高額の自費出費になります。
この負担を軽減するために健康保険組合から給付されるのが出産育児一時金です。
どの健康保険組合に加入していても、一律42万円が支給されます。
受給方法として2通りあります。
 ①「医療機関等への直接支払制度」医療機関と合意文書を交わし、医療機関が申請
  →医療機関に直接支給のため、退院時の支払いの負担が軽減されます。
 ②「事後申請」 医療機関と合意文書を交わし、産後に加入の保険組合に本人(家族)が申請
  →本人に支給されるため、退院時の支払いは自己負担となります。
※詳細については、当院受付または加入の健康保険組合までお問い合わせください。

臍帯血バンクについて

当院は『日本赤十字社関東甲信越さい帯血バンク』の採取委託医療機関です。
※できるだけ多くの方にご協力お願いしております。

臍帯血バンクについてはこちら>>

無痛分娩について

当院では無痛分娩を選ぶことができます。詳しくは以下をご覧ください。

無痛分娩が選べる産婦人科です  

面会制限について

当院では、赤ちゃんへの各種感染症予防及び産後のお母さんの休養目的として、
面会時間と面会者制限を行っております。

  • 入院中の面会について
 

入院患者向けコンテンツ

当院では、入院中の方にご参照頂ける動画をご用意しております。
ログインID・パスワードおよび詳しい内容は、入院した際にご説明いたします。

  • 入院患者向けコンテンツ入口
 

  • 分娩予約について
  • 入院方法と準備
  • 出産から退院まで
  • ママ&ベビー1日のスケジュール
  • 分娩費用について
  • 臍帯血バンクについて
  • 無痛分娩について
  • 面会制限について
  • 育児学級
ページの上部へ

PAGE TOP