• 当院を受診される方へ
  • 母乳外来・2週間外来・1ヵ月健診
  • マタニティフィットネス・各種母親学級ご案内
  • PC・携帯からのご予約

婦人科 - 診療のご案内


※消費税増税に伴い、記載されている費用に多少の変更が発生します。
 詳しくは平日の診療時間内にお問い合わせください。

診療科目

【婦人科】
各種婦人科症状 ・不妊相談・治療 ・婦人科ガン検診 ・予防接種(頸癌ワクチン他) ・避妊相談

【更年期外来】
更年期障害

  • 産科診療の方
  • 婦人科診療の方
  • 更年期外来の方

婦人科診療

各種婦人科症状と検査及び治療、不妊相談と検査及び治療、婦人科がん検診や予防接種に対応しております。
以下の診療内容を参考にした上でご来院ください。
診療時間、受診方法に関してはコチラ>>

※料金はあくまで目安です。行う検査や治療内容で個人差があります。
※別途、初診料、再診料、消費税がかかります。

婦人科検診 時期:5~10週くらい

症 状 原 因/検 査/治 療 費 用
不正出血 【原因】
ホルモン異常、排卵期出血、膣部のびらん、膣炎、
子宮内膜・頸管ポリープ、子宮筋腫、切迫流産、
クラミジア頸管炎、子宮体癌・頸癌など
【検査】
・超音波検査
・ホルモン検査
・子宮膣部、体部細胞診
・膣分泌物培養検査、クラミジア検査他
【治療】
*原因に応じて内服、注射などの投薬
*場合によっては外科的治療
約1,600円~9,000円
(処方料別)
おりもの異常
(臭い、色、量等)

【原因】
クラミジア頸管炎、細菌性膣炎、カンジタ膣炎など
※血液が混じる場合は不正出血の原因に準ずる
【検査】
・超音波検査
・ホルモン検査
・子宮膣部、体部細胞診
・膣分泌物培養検査、クラミジア検査他 
【治療】
*原因に応じて内服、膣錠、軟膏などの投薬

約1,600円~9,000円
(処方料別)

月経異常
(月経周期、月経期間
月経時出血量等)

月経痛
【原因】
子宮筋腫、子宮内膜症、ホルモン異常など
【検査】
・超音波検査
・ホルモン検査
・子宮膣部、体部細胞診
【治療】
*原因に応じて内服、注射などの
約1,600円~8,000円
(処方料別)
月経前緊張症
(排卵から月経開始まで
の時期に現れる身体的・
精神的不快な症状)
【原因】
原因は特定されていないがホルモンバランスの変化が
関係していると言われている
【検査】
・超音波検査
【治療】
*症状に応じて内服、注射などの投薬
約1,600円
(処方料別)
外陰部のかゆみ、痛み 【原因】
カンジタ膣炎、トリコモナス膣炎、ヘルペス外陰炎、
尖圭コンジローム、接触皮膚炎など
【検査】
・膣分泌物培養、ヘルペス抗原検査
【治療】
*原因に応じて内服、膣錠、軟膏などの投薬
*原因と症状に応じて外科的治療
約1,000円~2,000円
(処方料別)
性器の下垂感、脱出感 【原因】子宮下垂、子宮脱
【検査】視診、内診
【治療】
*ペッサリー膣内挿入
*場合によっては外科的治療
約3,000円
(装具料込)
診療項目 検 査/処 方 費 用
不妊相談・治療 ホルモン検査 約3,000円~
卵管疎通性検査 約6,000円
精液検査 約5,000円
排卵誘発(注射)※経腟超音波診察込は+約1600円 約500円/回
排卵誘発(自己注射)※初回指導料、キット代金 約8600円
排卵誘発(内服) ※医師と相談
タイミング法(問診+経腟超音波) 約1,600円~
AIH(人工授精) 約17,000円
人工妊娠中絶
(妊娠12週未満)
※処置内容、費用等の詳細は電話でのお問い合わせ、又はメールフォームで
お問い合わせ下さい。
月経移動 問診、必要日数分のピル処方 約2,000円~
避妊相談 低用量ピル(1ヵ月分) 約2,000~3,000円
子宮内避妊具(マルチロード)※2年間使用 約32,000円~
子宮内避妊具(ミレーナ)※5年間使用 約63,000円~
緊急避妊
(アフターピル)
問診、経腟超音波、同意書記入、ノルレボ処方 約15,750円
子宮頸がん検診 経腟超音波、子宮膣部細胞診 約3,500円
子宮頸がん・体がん検診 経経腟超音波、子宮膣部・体部細胞診 約5,000円
乳がん検診 乳房超音波 約2,000円
性感染症検査 膣分泌物培養検査 約1,000円
クラミジア検査 約1,000円
淋菌抗原 約1,000円
梅毒 約1,000円
HIV 約2,100円
B型肝炎 約1,000円
C型肝炎 約1,000円
予防接種 子宮頸がんワクチン(ガーダシル) 約15,750円
子宮頸がんワクチン(サーバリックス) 約15,750円
インフルエンザワクチン 約4,200円
ブライダルチェック 問診、内診、子宮頚部細胞診、経腟超音波、
クラミジア検査、膣分泌物培養検査
約5,000円~

その他

※レーザー治療
※バルトリン腺嚢胞造袋術等の小手術

更年期外来 (診察時間:第2木曜日のみ 14:00~17:00)

更年期とは、一般的に閉経前後約5年間(およそ45~55歳)をいいます。
それまで安定状態にあった卵巣機能が低下して、女性ホルモンの分泌が急速に減少し、全身の内分泌環境
が急速に変化することによって、さまざまな自覚症状がみられます。(症状には個人差があります)

症 状 原 因/検 査/治 療 費 用
ほてり、発汗、冷え
ホットフラッシュ、動悸、
息切れ、めまい、抑うつ、
意欲低下、イライラ、
不安感、記憶力減退、
不眠、疲労感、しびれ、
耳鳴り、頭痛、
肩こり、関節痛、腰痛、
筋肉痛、萎縮性膣炎、
膣乾燥感、性交障害、
帯下、排尿障害、口渇感、
皮膚感想、皮膚掻痒症、
蟻走感 等
【原因】
卵巣機能低下に伴うエストロゲンの欠乏
【検査】
・超音波検査
・ホルモン検査
・子宮膣部、体部細胞診
【治療】
ホルモン補充療法
約5,000円
※基礎検査全てを
行った料金
  • 産科診療の方
  • 婦人科診療の方
  • 更年期外来の方
  • 診療科目
  • 診療時間と担当医
  • 予約システム
  • 産科
  • 婦人科(更年期外来)
ページの上部へ

PAGE TOP